cooのメモ帳

日々つつがなく。

徹夜小説にどっぷりと浸かりたい

f:id:coomemo:20170130212821j:plain:w500

今日は私の住んでいる地域はかなり暖かく。
夏と冬を比べたら、冬の方がまだいいのですが、それでも寒いのはしんどいcoo(@coo_09)です。
こんにちは。

スポンサーリンク

徹夜小説とか素敵すぎる

先日こんなまとめを見つけました。

読み始めたら最後、あなたを絶対寝かせない徹夜小説まとめ: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる

これは...手を出すしかないだろう、ということで、早速こちらのシャンタラムを図書館でまとめて借りきました。

https://www.instagram.com/p/BPz24wThGC0/
徹夜小説として名高い(?)、『シャンタラム』ついに手を出してしまった...

それで実際に読み始めたわけですが、まあ止まらない止まらない。まだ中巻の途中ですが、時間があったら読み進めたくなってしまう。これは確かに徹夜を覚悟してもいいような小説かと。惜しむらくは、なぜ3連休とか3日以上の連休のあたまに読み始めなかったのか、ということ。平日に仕事で中断されるのが惜しい。まあ、そんな感じで幸せに読み進めてます。

楽しみが増えました

以前の経験でいうと、まさにこれ。こちらもなかなかの徹夜小説っぷりでした。

こういう読書体験ができるのって本当に幸せなことですよね。1人でただただもくもくと読み進めるという時間も、たまにはとてもいいもので。かなり贅沢な時間の使い方だと、個人的には思います。

上記のまとめ記事にはまだまだ紹介されている本がたくさん。できることなら休みが続く時にでも、ありがたく読ませてもらおうと思っています。



シャンタラム〈上〉 (新潮文庫)

シャンタラム〈上〉 (新潮文庫)

シャンタラム〈中〉 (新潮文庫)

シャンタラム〈中〉 (新潮文庫)

シャンタラム〈下〉 (新潮文庫)

シャンタラム〈下〉 (新潮文庫)

広告を非表示にする