読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cooのメモ帳

日々つつがなく。

『この世界の片隅に』が不思議と良かった

映画

不思議と良かった、とか言うとなんかだいぶ上から目線な気がしますが...
遅まきながら観てきました、映画『この世界の片隅に

スポンサーリンク


観てみたら不思議と良かった

映画の詳細は公式サイト参照ってことで。

全国拡大上映中! 劇場用長編アニメ「この世界の片隅に」公式サイト

アニメ映画を映画館で観たのって実は初めてかもしれません。これまであまり興味が無かったんですが、各所で話題になっていること、最近映画を観てなかったこと、平日夜のレイトショーに行ってみたかったことなどが重なり、行ってきました。

結果としては観に行ってよかったです。
やわらかいタッチの絵に、音楽もすごく合っていて。予習無し・原作も未読で行ったのですが、ストーリーも無理なく入ってきました。まあ、マンガのいろんな場面をつなぎ合わせて作っているんだなぁという感じは伝わってきましたが、それもそんなにぶつ切り感もなく。
戦争にからめたお話で、後半ではそういう描写も多くなるのですが、不思議と重すぎたりもせず、観てるこっちが辛くならないというか。もちろん胸に迫る場面もあったのですが、戦争って切り口でぐいぐいきてない感じがしました。

何かこれがすごかった、これが良かった、って一口に言えないんですが、観終わって、「あぁ、良かったなぁ」と思いまして。これが何ていうか「不思議と良かった」という感想につながっています。

行ってもみてもいいんじゃないかと

年末。忙しい中でも、少しゆったりとした気持ちで観れる。そんな感じでした。
戦争ものだし、アニメだし、派手さはないので、観る人を選ぶのかもしれませんが、そんな予断は抜きにして観てみてもいいんじゃないかなぁと思います。


この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック

「この世界の片隅に」公式アートブック

「この世界の片隅に」公式アートブック

広告を非表示にする