cooのメモ帳

日々つつがなく。

手帳を使って自分の時間割を考えるとか


1月も寒くなってきてヒートテックのタイツとか着たくなっているcoo(@coo_09)です。
着るのと着ないのじゃ大違いなんですよね、ほんとに。

スポンサーリンク


今年の手帳、まだ続いています

先日も書いた手帳についてですが、11月の中旬に購入して、まだちゃんと続いてますw
使っているのはコクヨのジブン手帳。ここ数年はずっとGoogleカレンダーだったので、ちゃんと使えるかな、と思ったんですが今のところ大丈夫そうです。

※ちなみにこの前、ジブン手帳と一緒に使うノートをまとめてみました。
ジブン手帳に挟むノートの候補を3つほど考えてみた - cooのメモ帳

もともと事細かに予定を管理しなきゃいけないほど、毎日ぎっしり詰め込まれているわけではありません。そういう意味ではマンスリースケジュールだけでも、まあまわせるくらい。

ただ、やっぱり縦に時間が並んだウィークリーの手帳とかせっかくだから使いたいじゃないですか。そんなこんなで散々迷った挙句、ジブン手帳を使っています。

ウィークリーはむしろ記録用

先に入れておく予定の数がそこまで多くないので、むしろウィークリーにはその時やったことを書いています。その時間帯にこの資料作った、これについて考えた、この人から連絡来た、この人に連絡した、みたいな感じで。後から見返した時に書いてあったらいいかなという仕事の履歴を書いているイメージです。

そうすると、時間がうまく使えているかが見えてくるような気がしてます。ちゃんと段取り組んで仕事している日は履歴も細かく書いているんですが、少し余裕のある日やだらだらと仕事をしてた日は、うまくその履歴が書けてないんですよ。もちろんさぼっているわけではないんですがw ただ明らかに生産性が低いなっていうのがわかっちゃうんですよね。

時間割的なものが必要

よく言われることですが、他人との予定だけじゃなくて、自分に対しての予定もちゃんと立てて、手帳上でブロックしておかなきゃだめですよね。それこそ学校の時間割的な感じです。
結局急な仕事が入ったり、電話が沢山かかってきたり、なかなか予定通りにはいきませんが、それでも漫然とした時間は避けられるんだと思います。

そうすると、履歴を手帳に書いている自分にとっては、書いてあった予定通りに自分なりの仕事ができればいいのですが、そうじゃないと予定を消す→履歴を書くみたいな作業が発生して、そこは悩ましいところなんですけどね。
それでも、自分で決めたことをきちんとできるって、それだけで達成感がありますし、気持ちよく仕事できるのかな、と思ってます。


広告を非表示にする