読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cooのメモ帳

日々つつがなく。

吉祥寺にある文房具店「36(サブロ)」がツボ過ぎて悶絶しそう

https://www.instagram.com/p/BO_dVlkjCwv/


なんかもうタイトル通りなんですが、東京は吉祥寺にあるこちらの文房具屋さんに行ってきました。


スポンサーリンク


こじんまりしたお店

吉祥寺駅から徒歩5分くらい。
駅から行くと東急の少し北。
雑居ビルの狭い階段を上がるとある、小さなお店です。

店内はお客さんが10人もいたら結構いっぱいに感じるくらいの広さ。
行くときは1人ないしは2人くらいで行った方がいいかもしれません。

品揃えが素敵すぎ

いろんな文房具や雑貨が、店内の棚に丁寧に並べてあります。
雰囲気としては、レトロとかアンティークとかそんな感じ。
筆記具よりかは、ノートなどの紙製品やその他の細々とした文房具・雑貨が多いです。
お店のオリジナル商品もちらほら。
その雰囲気といい、並んでる商品といい、とにかく個人的なツボにハマってまして。
ほっといたらいくらでも買ってしまいそうな感じなんですよ。
以前そのマジックにかかって、3,000円以上もするアンティークっぽい日付の回転スタンプを買ってしまったことがあります。
一応それは毎日仕事で、自分のノートやら資料やらにポンポン押しまくってますし、お気に入りなのでよい買い物ではあったんですけどね。

素敵なものを沢山見ていきたい

こちらのお店に限らず、探せば素敵なお店が沢山あるんだと思います。
ここはたまたま昔から知っていて、吉祥寺に来る機会があれば寄るようにしてますが。
無駄な買い物は控えようと思いつつ、気に入ったものは、これは気に入ったから無駄ではないんだ、と自分に言い聞かせて結局買ってしまうこともしばしば。
買う買わないは別にして、自分の心が動くものをいろいろ見る機会を作っていきたいな、とは思ってます。


文房具屋さん大賞2016 (扶桑社ムック)

文房具屋さん大賞2016 (扶桑社ムック)

広告を非表示にする