cooのメモ帳

日々つつがなく。

「残り全部バケーション」を読みました。


伊坂幸太郎の新作「残り全部バケーション」を読みました。
なんとも頼りない感じの悪党のお話。
連作短編集みたいな感じなので、読みやすくてあっという間に読了。


この本にはちょっと特徴的で周りをふりまわすキャラが出てくるんですが、伊坂幸太郎の他の小説でもそういうキャラ設定って結構好きなんですよね。
「砂漠」の西嶋や「チルドレン」の陣内とか。
そんな個人的な好みもあって楽しく読めました。
年末年始のお休みにまったり読むにはオススメです。


残り全部バケーション
伊坂 幸太郎
集英社
売り上げランキング: 267
砂漠 (新潮文庫)
砂漠 (新潮文庫)
posted with amazlet at 12.12.22
伊坂 幸太郎
新潮社
売り上げランキング: 5,957
チルドレン (講談社文庫)
伊坂 幸太郎
講談社
売り上げランキング: 3,100


あと年末年始といえば、自分は宮部みゆきの「ソロモンの偽証」に手を出してしまおうかと。
いやあ、ヘビーではあるけど読み始めたらあっという間らしいので、どのタイミングで手をつけるかが悩みどころですw

ソロモンの偽証 第I部 事件ソロモンの偽証 第II部 決意ソロモンの偽証 第III部 法廷

広告を非表示にする