読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cooのメモ帳

日々つつがなく。

ミスしたら謝る「あなたを危機から救う一分間謝罪法」

仕事で凡ミスをして凹み中のcoo(@coo_09)です。 こんにちは。 いやぁ、そりゃないよね、どうしちゃったのかな、ってレベルで、もうこのやろう、って感じですw スポンサーリンク まずは謝る そんな状況の中、その昔読んだこんな本を思い出しました。あなたを…

徹夜小説にどっぷりと浸かりたい

今日は私の住んでいる地域はかなり暖かく。 夏と冬を比べたら、冬の方がまだいいのですが、それでも寒いのはしんどいcoo(@coo_09)です。 こんにちは。 スポンサーリンク 徹夜小説とか素敵すぎる 先日こんなまとめを見つけました。読み始めたら最後、あなたを…

どんな時にどんな本を読むのか、なんとなく決まってます

ここ3日間くらいで3冊本を読み、なんとなく達成感を感じているcoo(@coo_09)です。 こんにちは。 読書に集中できる時間があるのはありがたいことですよね。 スポンサーリンク いつ何を読むのか どんな本をいつ読むかっていうのは自分の中でなんとなく決まって…

恋人がいる人や既婚者は黙って「ベスト・パートナーになるために」を読んだらいいと思う

この週末で久しぶりに再読した本があります。 今日はその本のご紹介です。 スポンサーリンク ベスト・パートナーになるために ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生き…

読書ってほんと幸せな趣味だな、と

2017年が始まって1週間強。 徐々にペースがつかめてきました。というか、単なる正月ボケが解消しつつあるというだけなんですけどね。 スポンサーリンク 今年の目標の1つは読書 今年の目標の1つに本を沢山読むというのがあります。 具体的には週に1冊、年間で…

結局、「君の名は。」の小説を読んじゃいました

年末年始のお休みもあっという間ですね。 休みがあるだけありがたい話なんですが、もっともっとと欲張ってしまいます。 スポンサーリンク 結局読みました 先日、ようやく観た「君の名は。」ですが、やっぱりというか早速というか、結局小説にも手を出してし…

読書の秋。本をゆっくり読める幸せってあると思う。

前回更新からちょうど1ヶ月。 変わらぬまったりとした日々を過ごしてます。 昨年度までの激務とはうってかわって、比較的早めに帰れてるっていうのもあると思います。 まったりゆったり。 そんなことでいいのか、とも思いつつまあそんなに急激な変化は起こせ…

やりたいことに対して遠回りをしていませんか?

小説読んでて、ちょっと引っかかる言葉があったのでご紹介。 引用元はこちらの小説。 直木賞作家の辻村深月の「凍りのくじら」から。凍りのくじら (講談社文庫)作者: 辻村深月出版社/メーカー: 講談社発売日: 2008/11/14メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 4…

深夜のビジネスホテルで片付けの本を紹介する

何だかすごく久しぶりの更新です。 coo(@coo_09)です。 こんばんは。 記事書いてる時点で日曜25時。 むぅ。なぜかと言えば、今日は休日出勤かつ、今日から3泊4日の泊り込みお仕事だから。 職場の近くのビジネスホテルに泊まり(幸い経費で落ちます)、仕事に向…

10年近く手元に置いてある。それくらいの価値はある本かと。『自分の小さな「箱」から脱出する方法』

更新が1日置きになりつつあるcoo(@coo_09)です。 こんにちは。 人はこうやって年始の決意を単なる宣言に貶めていくのか、と実感しておりますwさて、先日、書店でこの本が平積みになっていました。自分の小さな「箱」から脱出する方法作者: アービンジャーイ…

「面白きことは良きことなり」森見登美彦の『有頂天家族 二代目の帰朝』を読みました。

最近だと、本はほぼ図書館頼みとなっているcoo(@coo_09)です。 こんばんは。ここ最近でこちらの本を読みました。有頂天家族 二代目の帰朝作者: 森見登美彦出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2015/02/26メディア: 単行本この商品を含むブログ (31件) を見る久し…

正月らしくだらだらと

年明け2日目いかがお過ごしでしょうか。 coo(@coomemo_tw)です。 こんにちは。 今日は今年やりたいことをつらつらと考えたりしてました。仕事の都合は人それぞれだと思いますが、私は明日で年始の休みはおしまい。 年末年始の休みは半分が風邪で寝込んでいた…

図書館の貸出予約には魔物が住んでいる

かなり久しぶりに更新です。 前の記事が9月っていう... ちなみにFP2級は無事に受かってました。さて、そのFPの勉強が終わってから何だか読書熱が出てきていて、いろいろと読みふけっていました。 とは言え、そんなに何でも買えるわけではないので、図書館利…

本が読みたくなってます

自分の好きな本を読んでる人を、電車とかで見つけると嬉しくなってしまうcoo(@coomemo_tw)です。 こんにちは。 いやぁ、それめっちゃいいですよね、とか話しかけたくなります。 実際はそんなことできませんが。さて久しぶりの更新です。 最近、読書熱が高ま…

お久しぶりです

約3ヶ月ぶりの更新となりました。 coo(@coo_09)です、こんにちは。 一度離れるとなかなか戻れなくなるものです。最近、少し時間に余裕が出てきたせいか、読書熱が再燃してます。 小説や実用書など、ジャンルに限らず本を読むのって楽しいんですよね。 読みた…

一気読み不可避の「ソロモンの偽証」が映画化されるとのこと

休み明けですぐまた3連休とか有り難すぎます。 coo(@coomemo_tw)です。 こんにちは。さて、数年前の年末年始に貪るように読んだ「ソロモンの偽証」が映画化されるとのこと。 行くぞー、計3冊厚さ11cmに挑んできますちなみに公式サイトはこちら。 映画『ソロ…

冬休みの個人的な課題図書だった「百年の孤独」

こんにちは。 coo(@coomemo_tw)です。年末年始のお休みを終え、1つ心残りなことがあります。 それはお休み前に宣言してしまったこちらの本のこと。 この冬休みの課題図書一度読みたいと思っていて、仕事納めの日かなんかに購入。 休みを使ってじっくり読んで…

伊坂幸太郎の『アイネクライネナハトムジーク』を読みました

なんかだらだら書きたくなったので、久しぶりの更新です。coo(@coo_09)です、こんにちは。8月の終わりから、仕事がエンドレス状態というか、ずっとストレスがかかる感じで、最近あまり本が読めてませんでした。本を読む気すら起こらないというか。そんな中、…

今更ながらAmazonのコンビニ受け取りが便利なんじゃないか、と

年明けから少したって、今まで余裕があったのに、今週になっていろんな仕事が降ってきているcoo(@coo_09)です。こんばんは。今回お伝えしたいことは、まあタイトルの通りです。たぶん結構前からやってるんですよね。ただ、今までは利用したことがなく。最近…

好きなだけ本を買うとかすごくいいです

年末の浮ついた雰囲気に完全に呑まれてるcoo(@coo_09)です。こんにちは。引き続き本のお話。本屋でふらふらしてると手当たり次第に買いたくなってきますね。例えば、1万円札握りしめて、文庫しばりで読みたい本を片っ端から買うとか。昔1度似たようなことを…

年末はゆっくり読書がいいんじゃないかと。

ご無沙汰しております。coo(@coo_09)です。久し振りにブログ更新。気付いたらあと半月で新年。ということで、今年の年末本(年末に一気読みする本)のご紹介。ちなみに昨年末はこれでした。ソロモンの偽証 第I部 事件posted with amazlet at 13.12.14宮部 みゆ…

Kindle Paperwhiteがなかなか良かった

最近これを買っちゃいました。 Kindle Paperwhite 3Gposted with amazlet at 13.08.04Amazon.co.jp (2012-11-19)売り上げランキング: 38Amazon.co.jpで詳細を見る実は最近引越まして、収納場所がだいぶ少なくなってしまったんです。 そこで、これからは省ス…

PVだだ流しと、ようやく出た新作と

最近引っ越しました。 それに伴いインターネットを利用するためにフレッツ光を契約。 そこで最初にオプションとしてついてきたひかりTVなるものを意外に活用してます。 と言っても、ひたすらSPACE SHOWER TVでPV流してるだけですけどw ちなみにこれ書いてる…

さて、そろそろ宮部みゆきの「ソロモンの偽証」について一言言っておくか

釣り気味かつ偉そうなタイトルですいません...一言で言えば、「本が手から離れない」 ページを繰る手が止まらない、本を閉じられない、でも何でもいいんだけど、何しろ手に吸いついてるように読むのをやめられない。 それだけ読ませます。 先が気になります…

「男を知る本、女を知る本」

普段雑誌ってあまり買わないんだけど、今日ふらふらと買ってしまったのがこちら。BRUTUS (ブルータス) 2013年 1/15号 [雑誌]posted with amazlet at 12.12.23マガジンハウス (2012-12-15)Amazon.co.jp で詳細を見る装丁がちょっとアレですがw 特集名はずばり…

「残り全部バケーション」を読みました。

伊坂幸太郎の新作「残り全部バケーション」を読みました。 なんとも頼りない感じの悪党のお話。 連作短編集みたいな感じなので、読みやすくてあっという間に読了。 この本にはちょっと特徴的で周りをふりまわすキャラが出てくるんですが、伊坂幸太郎の他の小…